メニューへ移動する 本文へ移動する

おしらせ

能登半島地震 支援絵馬を頒布しています。

一本の木から絵馬ができるまで④

夏のお祭り、秋の奉納相撲、神社での書道パフォーマンスなど何かある度にお世話になっている佐藤鳳凰水先生。今回の絵付けのご相談も快く引き受けて下さいました。

書家にイラスト?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、絵師としても個展を開催されるなど幅広くご活躍されています。先生の作品はお人柄の通り、どこか品がありながらも堅苦しくなく、親しみやすさがあります。
お願いしてから一週間ほどの早業で、イラストを仕上げて頂きました。

ほがらかなお人柄と、話題豊富で物知りさんな佐藤さん 写真:アシガミジカイ

描いて頂いた龍はキトラ古墳の石室壁画からモチーフを起こして頂いたそう。
やはり品がありながらもどこか人懐っこそうな龍となりました。

この原画をもとにシルクスクリーンの版を作成して、絵馬にプリントしたらいよいよ完成です。

多くの方の手を借りながらようやく祈りを繋ぐ「絵馬」完成することができました。
槙の木の伐採神事から約6ヶ月、そのままであれば廃材として処分されるはずだった一本の木から、ここまで手間と想いが詰まった素晴らしい絵馬になったのではないかと思います。
急なお願い、無茶なご相談にも快くご協力をして頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

どのような形で皆さんにお届けするか様々に思案しましたが、まずは100枚限定で頒布をして、その初穂料は全額、この度の能登半島地震で被害に合われた神社に寄付をすることとしました。

一枚、千円にて頒布を致しますので、ご希望の方は神社窓口、お電話(0957-52-2217)またホームページお問い合わせよりお申し込みください。

「神様に願いを聞いてもらえるように」と祈念した、この耳付きの絵馬。多くの方の手に届いて、さらには遠く離れた被災地への支援となるような、想いを繋ぐ絵馬となれば幸いです。

一本の木から絵馬ができるまで③

ざっくりと製材した木材を次は仕上げていきます。
お願いするのは「中嶋木工所」さん。神社で木の加工品が必要な際は必ずお世話になる大村の職人さんです。とびきり器用で、どんなお願いも簡単なイメージをお伝えするだけで、こちらの想像以上の製品に仕上げてきて下さいます。そんな中嶋木工さんにお仕事をお願いするのは密かな楽しみでもあります。

お祖父様の代から使っているという年季の入った風格のある道具たち

何度かの打ち合わせの後、いよいよ型取り、仕上げの作業を経て完成品を納品して頂きました。

少しシャイな「ザ・職人」の中嶋さん

最初にイメージした通り、木皮そのままの「耳つき絵馬」、ついにカタチになってきました。
写真ではなかなか伝わりづらいのですが、すいつくようなしっとりとしたきめ細やかな木肌なんです。面取りや穴あけなど細部まで本当に綺麗に仕上げて頂きました。
手に取ると、きちんと手間をかけていただいたことが肌から伝わる素晴らしい仕上がりです。またも想像以上の中嶋木工さんのお仕事に、こちらもテンションが上がります。

次回はいよいよ絵付けをしていきます。
今年の干支、龍のデザインは我が大村氏が誇る書道家 佐藤鳳水先生にお願いします。
完成が本当に楽しみです。

一本の木から絵馬ができるまで②

何とかなるだろうと思っていた製材でしたが、いきなり「絵馬を作りたいので丸太を持ち込みさせて下さい」と言っても中々良いお返事を頂けるはずもありません。見通しが甘かったことに反省しつつ方々にご相談した結果、最後に受け入れてくださったのが「長崎山陽株式会社」さんでした。突然の変なお願いにも関わらず快く対応して下さいました。

作業場につくと見た事もないような大きな機械が並んでいます。職人さんの慣れた手捌きでみるみる準備が整って、丸太が回転する巨大なチェーンソーによって割かれていきます。

厚さ20mm程に割かれた槙の木の板が約40枚ほど取ることが出来ました。

槙の木は建材としては天井材や床材、また桶などに用いられるように木目も美しく、耐水性にも優れています。なんとも贅沢な絵馬ができるのではないかと完成が楽しみです。